アラサー独身男子の日々

株の話題、交通ネタが多めになると思います。

高松市民大歓喜?? 『岡山・香川休日おでかけパス』発売!!

JR四国の列車大量減便に悲しんでいますが、一方でうれしいニュースもありました。
『岡山・香川休日おでかけパス』の発売です。

http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2016%2003%2008.pdf

www.jr-eki.com

高松~岡山を往復するだけで元が取れる

この切符最大の魅力はその値段です。大人2,500円、小人800円という破格になっています。

香川と岡山を移動する際の最もメインになる乗り方は高松~岡山だと思いますが、その運賃は片道1,510円ですので往復するだけで3,020円となりおでかけパスなら元が取れてしまうという破格の切符になっています。

 

 エリアは香川県・岡山県の駅全部。エリア外利用でも有利

なんとエリアは香川県・岡山県の全域です。特急券を足せば新幹線にも乗れるので、大阪や広島に日帰りで行く際にはこの切符を併用することで料金を安くできる可能性が高いです。

ただし、大阪方面へは阪神往復フリーきっぷもあるので、どちらの方が得になるか計算も必要です。

www.jr-eki.com

乗車券の計算方法は阪神方面へは三石駅から、広島方面へは笠岡駅からの運賃が必要になります。
新幹線の場合でも並行在来線の特例が適用されますので岡山駅からの計算ではなく三石、笠岡駅からの計算になるのでお得ですね。

『おでかけ割引クーポン』『アウトレットスペシャルクーポン』がついてくる

岡山地区で飲食店が安くなる『おでかけ割引クーポン』と、倉敷三井アウトレットで利用できる『アウトレットスペシャルクーポン』も一緒についてくるようです。

これはちょっと詳細を見てみないとお得なのかどうか判断出来ないですね。

前日までに購入する必要あり

これが鬼門ではあります。近くにみどりの窓口が無いと利用が難しいです。
最近JR四国はこの手の当日は購入できない切符の発売が多いような気がします。

高松から岡山を往復するだけで元が取れてしまうので通常の切符との不公平感を無くすため、公取委からの指摘を回避するための施策だとは思うのですが、みどりの窓口が近くに無い人には使いづらい切符になってしまっていて残念です。
京阪神の特割きっぷのように三点方式を活用するなど、上手に二重価格を達成して欲しいものです。

家族連れでのプチ旅行に最適な切符です

小人の価格が800円と格安ですので、若いファミリーをターゲットにしている印象です。

岡山には倉敷の美観地区やイオン、三井アウトレットなどがあり、高松には丸亀町商店街や金比羅宮があり日帰りに最適な観光地が揃っています。

週末旅行に行きたいけど車だとお金が掛かってしまう…みたいな人はこの切符を元に旅行計画を考えてみてはいかがでしょうか?