読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー独身男子の日々

株の話題、交通ネタが多めになると思います。

ことでんの「おかいものきっぷ」でお得に街まで

去る10月23日に瓦町FLAGがオープンして1ヶ月程度経ちますが、ことでんに乗る人以外にはあまり知られていないお得な切符を紹介いたします。

 

商品券3,000円分購入で往復運賃無料

この一言で全てを表しているのですが、瓦町FLAGで利用できる商品券3,000円分(1,000×3枚)を購入するだけで往復の電車賃が無料になります。ちょっとお得すぎます。

ことでんは懐かしい車両が走っていることで有名ですが、運賃が高いことでも有名です。

よく利用される中距離の10kmで考えると、例えば首都圏近郊の料金が160円、地方でも200円、JR四国でも220円ですが、ことでんは350円と超高額なのです。

それが無料ですから!! 破格ですね。

1,000円×3枚でお釣りは出ない

これがちょっと残念だったかなぁと思います。
500円×6枚にしてくれたら喫茶店なんかでも使えて良かったと思うんだけどなぁ。

ジュンク堂で使うのがベスト?

瓦町FLAGには本屋のジュンク堂も入っています。最近は本の実質的な割引販売も多いですが、それでも5%程度なのと、商品券を使いやすいのでジュンク堂で使用するのが一番使い勝手が良さそうです。

商品券だけを切り離して使うのもOK

瓦町FLAGにはunicoなどの家具屋も入っています。このような店では100,000円くらいする高額な買い物もしますよね。

こういった場合に瓦町駅でこのおかいものきっぷを購入してきて、切り離して商品券だけ利用することも出来ます。

そのため、100,000円の買い物をすれば33往復分の切符を手元に残す事が出来ます。鉄道株優待も真っ青ですね。

みんな使ってね…

コトデンビルは最初、そごうとコトデンが共同出資した合弁企業のコトデンそごうが入っていたのですが、わずか3年で撤退してしまい後に入った天満屋も2014年3月で撤退してしまいました。

正直、天満屋は高松三越(香川のステータスブランド)の劣化版ラインナップで全然魅力的な店作りを出来ていなかったものの、瓦町FLAGは20代~30代をターゲットにした店作りをしています。

しかし、私が訪れた時の感覚では旧来の天満屋や瓦町の顧客、つまり60代や高校生が多く、瓦町FLAGのターゲットにしたい層が取り込めていない感じがします。

良いテナントが一杯入っているので、香川県でまだ行ってない人は行ってみてね。